HOME > 採用情報 > 社員メッセージ

社員メッセージ

共に高みを目指し、技術者として喜びを感じることのできる仕事を

やる気があれば、どんどん挑戦できる

当社は「エアツール」という「圧縮空気を動力とする工具」を設計から販売まで、一貫して行っています。「エアツール」と聞いてもなかなか馴染みはないかもしれませんが、F1のレーシングカーやトラック、もちろん自家用車など、タイヤの交換を始めとするアフターメンテナンスや調整の際に我々の技術は欠かすことが出来ません。当社は140名ほどの中小企業ですが、どんな大きな会社や知名度のある会社にも負けない魅力があると自信を持って言えます。

例えば、
◆20代の早い段階から責任ある大きな仕事ができ、成長できるチャンスが多い
◆自分の意見やアイデアをカタチにできるアットホームで自由な社風がある
◆新製品の研究や新技術・新工法の開発など、ゼロから創造する仕事ができる
◆国内トップシェア、オンリーワン技術を持つメーカーの主役として活躍できる
◆約70ヵ国に納品するグローバル企業で世界中のお客様を笑顔にできる
◆ワークライフバランスのとれた環境で全社員が伸び伸び仕事に打ち込める など…

当社はニッチトップ(小さな市場でトップシェア)の企業です。トップシェアの会社は多くありますが、大半は大手企業ですから、大きな組織の一部の役割を果たすことになります。当社は中小企業かつ自社開発型メーカーのため、仕事の始まりから終わりまで全てに携わることができ、お客様の声がダイレクトに返ってきます。責任も大きいですが、自分の頑張りを直接お客様に評価してもらう達成感は計り知れません。このように業界トップ企業の主役で働ける環境はあまりないと思います。

他にも伝えたいことはたくさんありますが、ホームページ上では限りがありますので、詳しくは説明会・選考でお話します。

技術者として最高のやりがいを感じることのできる環境がここにある

新しいものづくりに携わるプレッシャーとやりがい

2006年に新卒で入社し、気がつけばあっという間に30歳を迎えたのですが、振り返ってみると、本当にこの会社で良かったと感じています。
私は技術部で仕事をしているのですが、コンクリート業界向けのエアーインパクトレンチの開発に携わっています。当社の強みはエアーインパクトレンチといった空気圧を動力源にした製品ですが、これまで蓄積したノウハウ・技術を応用し、一般産業界で喜んでいただける商品を開発しています。
他にも既存のエアナットランナーをお客様に合わせた仕様に改造し、建機組立ラインでお使いいただき好評を得ており、お客様と直接対話できる商品開発に大きな魅力を感じています。このように、常に新しいものづくりを行っており、ゼロからアイデア・企画を考え、構想し、製品化に向けて実験・試作を繰り返します。
決まった答えやゴールがないため、非常に大きなプレッシャーもありますが、技術者としては最高のやりがいを感じることのできる環境があります。

また当社では年齢に関係なく、やる気と向上心さえあれば、どんどん開発業務に携わることができます。新入社員の頃から、新製品の開発に関わっていたのですが、ベテラン技術者が二の足を踏むようなこともガッツでチャレンジできるのです。もちろん、最初は先輩社員がしっかりついて教えてくれますので、安心して下さい。

社内の雰囲気はとてもアットホーム。他社に勤めている同窓生からは会社に対する不満の一つや二つあるものですが、私に限っては嫌なところが思い当たらないのが空研の魅力ではないでしょうか。(ここまで言うと嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、本当なので信じて下さい(笑)。本社に来て頂いた時に、直接この想いをお伝えしますので、ぜひ説明会に参加して下さい。

お客様にとって良いモノ造りたいという誠実な気持ちが一番大切です

技術者にとって良い環境が揃っている

私がこの会社に入社した理由は、会社説明会や職場見学、面接に参加した際の雰囲気です。特に職場見学では、先輩社員が後輩の方にわかりやすく、なおかつ丁寧に指導している姿を見たときに、素直に自分もここで働きたいと思えました。実際に入社した後もギャップはなく、わからないことがあれば気軽に相談できる先輩や上司がたくさんいるので良い環境で働けていると実感しています。現在、私は製造部で生産管理の仕事をしています。具体的には外注先で製作した部品を必要な分だけ製造部に供給することが仕事です。また供給するだけではなく、製品組立に必要な部品の品質もチェックし、不良部品の発生をいかに抑えられるか日々試行錯誤しています。また、それでも不良部品が発生した際には改善策を考え、今後同じミスが起こらないようにルール作成や、マネジメントすることも私の大事な仕事です。こういった仕事をする中で私がテーマに掲げていることは「品質の向上」「生産の効率化」「コストダウン」の3点。この3点を達成するには技術力とコミュニケーション能力の両方が求められます。まず技術面に関しては、機械や設備の性能、材料や部品に関する知識はもちろんのこと、熱処理などの加工に関する技術など幅広い知識やスキルを身に着ける必要がありますし、一方コミュニケーション面では、予算や納期、品質など、案件ごとに変化する要望を実現するために、外注先および自社の製造部とうまく連携を取り、お互いが納得して円滑に仕事を進められるような働きかけをする必要があります。そのため、ただ単にコミュニケーション能力があるだけではなく、「お客様に良いモノづくりをしたい」という誠実な意志や人間力が大切です。

当社はオンとオフがハッキリしている会社だと感じます。もちろん、急ぎで終わらせないといけない案件があれば、残業することもありますが、それでも2時間が目安になっています。平時であれば基本的に残業はありませんし、休日出勤や家に持ち帰って仕事をすることもありませんので、仕事は社内でしっかり行い、休日はプライベートを優先できる環境があるので、自分としては大変ありがたいです。こういったメリハリのある環境だからこそ、仕事の時はトコトン集中して行えるので、良いモノが出来ると考えています。本当に当社は技術者にとって素晴らしい環境が揃っていると思いますので、ぜひ会社訪問ではその辺りにも注目してみて下さい。

自分の意志やアイデアが反映された製品が世の中に

技術者としての高みを目指せる

私がこの会社に興味を持ったキッカケはエアーとマイコンと使った製品を開発している企業だったからです。大学でも似たようなモノづくりに関わったことがあり、会社のパンフレットを見たときに純粋に面白そうだと感じました。ありがたいことに実際入社してからも、志望していた仕事に就かせてもらうことができ、現在はマイコンを使った新しい製品の開発と特注品の製作を担当しています。特に新製品の開発はまだ世の中にないモノを生み出す仕事になるので、非常にやりがいを感じています。しかし、時には壁にぶち当たり、長い間悩むこともあります。でも、そんなときはいつも経験豊富な先輩社員や上司から的確なアドバイスをもらったり、親身に相談を受けてもらうことで、問題が解決することが多いので、良い仲間に恵まれているなと感じます。また、案件によっては複数メンバーで開発を行うこともあります。メンバーでいろいろな意見を出し合い、1つの製品を造り上げるのもまた違った達成感も味わう事が出来ますし、自分の意見が賛同され、結果的に製品に反映されたときは非常に嬉しいです。

当社の魅力は中小企業ならではの裁量の大きさと承認の早さです。もし、大きな企業に入社していれば経験出来なかったであろう裁量の大きい開発案件に携わらせてもらえる環境が空研にはあります。また、「失敗しても次チャレンジして取り返したらいい」という雰囲気があるため、自分の意志やアイデアがあれば、スピーディに上司から承認して頂けるので、思い切ったモノづくりにトライすることが出来ます。こういった環境があるおかげで、技術者としての成長スピードは他の開発型企業と比べても早いと感じています。「とにかく開発に携わりたい!」「早く一流の技術者になりたい!」「自分の意志やアイデアが反映された製品を造りたい!」というモノづくりに対する熱い想いがある方はぜひ当社にお越しください。お待ちしております。

年齢に関係なく、やる気次第で多くを任せてもらえる自由な社風

新入社員が安心して働ける風土

ものづくりができる会社を探していた時に縁あって空研のことを知り、社名は初めて聞いたのですが、とても身近な製品をつくっていることに興味を持ちました。私は車が好きだったこともあり、自動車整備工場やF1のピットインなどでタイヤ交換時にボルトやネジの開け閉めに使う工具をよく目にしていました。インパクトレンチというエアーツールと呼ばれる製品で、国内ではトップシェアだと聞き、中小企業ながら技術力はNo,1だと入社を決めました。
私は現在、品質保証部に所属し、エアーツール部品の品質管理に携わっています。地道な仕事ではありますが、たった一つの部品の欠陥を見落とすだけで、信用を失ってしまいます。自動車整備業界では空研の名前を知らない人はいません。トップシェアであることの誇りと自覚を持って、一つ一つの検査、分析、解析に取り組んでいます。

当社では年齢に関係なく、やる気次第で色んなことを任せてもらえる自由な社風があります。皆さんが会社選びをする時に、最も気になることは社風や人間関係ではないでしょうか?もちろん、「ものづくりが好き」「自動車業界に興味がある」という面も大切ですが、当社のように毎日顔を合わせるようなアットホームな職場は、一緒に働く人は必須項目です。

私はまだ新入社員ですが、学生のみなさんに近い視点からお伝えできることは、人間関係は全く心配ないということです。仕事中は厳しく指導して頂くこともありますが、わからないことがあれば、一つ一つ丁寧に教えてくれますし、必要な資格やスキルに関しては臨機応変に外部研修への参加や資格取得支援など、教育面においては全面的にバックアップしてくれる環境があります。入社後は、様々な部署をローテーションし、会社の全体像を知ることができます。

どんな仕事をするにしても、各部署の仕事内容や大変さを共有することでチームワークの強化につながります。不具合があれば、リアルタイムで話し合い、改善し、スピーディーに動くこともできます。全員の顔が見え、気兼ねなくコミュニケーションを取って仕事に打ち込めるのが当社の良さです

「自分のやりたいことができる」だからこそ、最高のパフォーマンスを

「できない」を「できる」に変える。
難しさとやりがいがここにはある

以前は物流関係の会社に就職しており、そこで営業事務の仕事に取り組む中でだんだんと営業の仕事に興味を持つようになり、転職をして営業職として空研に入社をしました。

現在は、代理店様や販売店様を定期的に訪問して現時点でのお困り事や悩み事を拾い上げたり、ユーザー様を直接訪問する際にはご要望に沿った提案を持ちかけ、話し合いながら受注に繋げられるように努力しています。空研で働くようになって、当社の「自分のやりたいことができる」社風には非常に魅力を感じています。もちろん困ったことがあればどんどん相談することができますが、アプローチの仕方や提案の仕方を自分で考えて受注に繋げていくことができますので、達成感は大きく感じることができます。例えば以前、今のラインナップでは対応が難しいと判断されていた住宅リフォーム関係の案件がありました。「できない」と一度お断りしていた案件でしたが、自分でもう一度話を聞きに行き、お客様のためにチャレンジしてみようと思い立ちました。関係部門に協力頂き、何度も技術部と相談をして、結果として新商品として大口の受注を決めることができました。一営業マンとして、新しい活路を見い出せたことは非常に嬉しかったです。しかしそのような汎用品以外の特注品を作る時は、お客様の希望をきちんと自分が把握できているのか?それをしっかり各部門に伝えられているのか?本当にきちんと形になるのか?希望通りの動きをするのか?すり合わせることは本当に大変ですし、最後まで不安は尽きません。だからこそ、無事に納品できお客様に喜んで頂けた時のほっとした気持ちは、何とも言えない達成感があります。

当社の社風は昔ながらのアットホームさも残りつつ、新しくチャレンジすることに対しては尊重してもらえます。その上やる気と努力をしっかり認めてもらえる会社であると感じて います。私も「空研としてお客様の役に立ちたい」という気持ちを強く持っていますので、ぜひ、そのようなやる気のある方と一緒にお互い刺激し合いながら成長していけたらと思 っています。

唯一無二のモノづくりができる環境

「世の中にない製品」を世に出す喜び

現在の仕事は大きく分けて2つあり、「新製品の研究開発」と「特注品の設計業務」です。開発の仕事とは、新しい発想や蓄積した技術・ノウハウを活かした新製品の企画・開発。シリーズ化されている自社ブランド製品の改善・改良。私はエアーインパクトレンチの開発担当をしており、自動車整備工場やガソリンスタンドなど、タイヤホイールのボルトやナットを脱着するための工具を開発しています。小型軽量で強力、容易な取扱い、それを裏打ちする強度や耐久性、安全性など、あらゆる角度から研究を行います。構想段階から設計、試作、実験、組立までを繰り返し、1〜2年くらいの時間をかけてお客様に喜んでもらえる新製品の開発を目指します。また特注品の設計業務に関しては、建機メーカーの生産ラインでボルト・ナットの脱着で使用されるPTSという自社ブランドの製品を担当しています。ほとんどが一品物の製品で、お客様が求める生産ワークに応じた製品の設計を行いますから、常に世の中に一つだけの製品をつくっています。

このように空研の技術部は、唯一無二の製品を生み出すことが最大のミッションだと考え、常に世の中にない製品で、お客様や時代に必要とされる価値あるものづくりを行うことが空研のポリシー。自分で構想から設計、組立まで行った製品が世の中に出るというのは、言葉にならないほどの喜びがありますよ。

メインコンテンツに戻る