HOME > 空研について > 企業理念

企業理念

空研の経営理念

空研は社員の皆さんとよく話し合い、お互いの尊重と信頼の上に当社の経営スローガンである『生き甲斐と経済の両立する楽しい職場をつくろう』を実践し、共存共栄を実現することです。

当社の経営姿勢

空研は経営理念の実現のために次の基本姿勢で経営にあたります。

1.社訓の尊重

企業活動の根本は産業民主主義の発展にあります。このためには企業内の経済的合理性に優先するものとして、当社は企業の心掛けを大切にします。その主旨のもとに社訓として次の三ヶ条を掲げます。
1.すじを通す 2.人につくす 3.正しさにもどる

2.参加の経営

会社は、社員の皆さんを会社の指令のもとに服従してもらう労働手段とは考えておりません。計画立案の段階から成果の評価まで社員の皆さんと合作し、協力し、合評することを基本として仕事を進めるものです。

3.自主性の尊重

会社は社員の皆さんの自主・自発の就業精神を尊重します。そのことが社員の皆さんの能力を最高かつ創造的に発揮してもらう第一の道と考えます。仕事を一番よく知るようになるのは社員の皆さんです。前向き積極的に仕事の改善・開発に取り組まれることを期待します。

一般事業主行動計画の公表について

株式会社空研は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表致します。

※次世代育成支援対策法とは

次の世代を担う子供たちが健やかに生まれ育つ環境を作るために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくために作られたものです。

※一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

株式会社空研 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成28年4月1日から平成33年3月31日
  2. 内容
    1. 目標1 所定外労働を削減するため、ノー残業デーを実施、拡充する。
      [ 対策 ]
      平成28年4月~ 社内イントラネットで自社の一般事業主行動計画を社員に周知する
      平成30年度 ノー残業デーの実施、拡充
    2. 目標2 年次有給休暇の取得率を50%以上とする
      [ 対策 ]
      平成30年4月~ 社内イントラネットで自社の一般事業主行動計画を社員に周知する
      平成32年度 家族の誕生日や記念日に有給休暇を取得する休暇制度の導入
メインコンテンツに戻る